撮影・イベント(行為許可)の申請について


大宮第二・第三公園では、公園内で撮影(業として写真又は動画等を撮影すること)やイベント等の行為を実施する場合、行為許可申請が必要となります。

大宮第二・第三公園でこれらの行為を実施される方は原則1週間前までに申請書を提出してください。

申請書は下記リンクよりダウンロードしてください。

なお、内容・条件・規模によっては許可できない場合もございます。対外的に周知をする場合はその前の申請をお勧めします。

まずは管理事務所までお問合せください。

TEL:048-642-2228

Mail:omiya2-3@parks.or.jp


許可の条件

 1 申請をした内容(時間、場所等)を必ず守ること。(準備、撤収も時間に含む。)

 2 許可を受けていない場所の利用、立入をしないこと。

 3 申請者は、事件、事故、トラブル、苦情、その他公序良俗に反する行為を生じさせないよう注意し、こ           れを生じさせた場合は、申請者で責任を持って対処する。施設管理者の責めに帰することができない事           由により、施設管理者又は第三者に損害が生じた場合は、申請者はその損害を賠償する責任を負う。

 4 利用後は必ず原状回復をし、ゴミは全て持ち帰ること。設備、備品等を毀損、汚損 した場合はこれを           修理し、もしくはその損害を賠償すること。

 5 必要な鍵は、管理事務所で借用し、使用後は速やかに返却すること。紛失等した場合は鍵交換に要する           損害を賠償すること。

 6 音、振動、臭気の発生等により周囲、近隣に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

 7 電気、ガス、水道等を使用する場合は、施設管理者と事前に協議すること。内容に応じて、実費相当額           を負担すること。

 8 官公署等へ届出を必要とする場合は、申請者において届出をすること。

 9 その他施設管理者からの指示があった場合は、それに従うこと。

 10 上記について施設管理者が不適切と判断した場合には、申請者に対し直ちに改善を 求める。それでも            事態の改善がなされないときは、施設管理者は使用停止を含めた必要な措置を講じることがある。

 

 この他、埼玉県都市公園条例に定める禁止行為等は下記のとおりです。

 

埼玉県都市公園条例抜粋

(行為の禁止)

 第八条 都市公園においては、みだりに次に掲げる行為をしてはならない。

 一 都市公園を損傷し、又は汚損すること。

 二 土地の形質を変更すること。

 三 竹木を伐採し、植物を採取し、又はこれらを損傷すること。

 四 動物を捕獲し、又は殺傷すること。

 五 立入禁止区域に立ち入ること。

 六 禁止された場所に車両を乗り入れ、又は止め置くこと。

 七 ごみその他汚物を捨てること。

 八 その他都市公園の設置の目的に反する利用をすること。

(行為の許可)

第九条 都市公園において、次に掲げる行為をしようとする者は、知事の許可を受

 けなければならない。許可に係る事項を変更しようとするときも、同様とする。

 一 物品の販売、興行その他の営業行為をすること。

    二 募金、署名運動その他これらに類する行為をすること。

 三 業として写真又は映画等を撮影すること。

 四 競技会、集会、展示会、博覧会その他これらに類する催しをすること。

 五 花火、キャンプファイヤー等火気を使用すること。

 六 はり紙、はり札その他の広告物の表示をすること。

 

※行為の内容により別途、条件が付加される場合があります。


申請書類各種様式


行為許可申請書

ダウンロード
行為許可申請書.docx
Microsoft Word 42.8 KB
ダウンロード
行為許可申請書.pdf
PDFファイル 119.6 KB


有料施設利用許可申請書

ダウンロード
有料施設利用許可申請書.docx
Microsoft Word 40.8 KB
ダウンロード
有料施設利用許可申請書.pdf
PDFファイル 118.6 KB